ENG公式
役者佐藤修幸の演劇プロデュースユニット

2018年3月6日公開
2018年5月6日更新

ENG第八回公演「山茶花」フライヤー公開!

front back

クリック/タップで拡大

ENG第八回公演
「山茶花」

作 宮城陽亮
演出 福地慎太郎
プロデューサー 佐藤修幸

【日時】
2018年6月6日(水)~6月10日(日)

全8回公演

【タイムテーブル】
2018年6月
6日(水)19時~
7日(木)19時~
8日(金)14時~/19時~
9日(土)13時~/18時~
10日(日)12時~/17時~

【チケット】
先行発売カンフェティ(座席指定可) 4月6日22時より販売開始
http://confetti-web.com/sazanka

一般発売こりっち(当日清算) 5月6日22時より予約開始
http://ticket.corich.jp/apply/90725/
※こりっちでは「A席」のみの販売となります。また「座席を選択して購入」は出来ません。

A席前売 4800円 当日 5800円
S席前売(前方3列)6000円
※S席ご予約のお客様にはキャストの寄せ書き(印刷)入り特典ポストカードと物販200円割引券をプレゼント。

【劇場】
シアターグリーンBIGTREETHEATER

住所
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目20ー4

◯あらすじ

飛騨の山奥に生息する妖怪「やまこ」
この妖怪 雄しか生まれないため 人間の女をさらい 子を産ませる…

やまこの青年「サンサカ」とその弟「ヒゴ」と「シシ」は嫁さん探しのため
妖怪の里から人間界に降り立った
都への道中 山賊に囚われた少女「つばき」に出会う
生まれて初めてみた女に話しかけるつもりが山賊に捕まり
四人が連れて行かれたのは人里離れた森の奥深く そびえ立つ大屋敷
そこは大商人・藤屋源兵衛のハーレムだった

山茶花(さざんか)の花言葉は「理想の恋」

つばきと出会い やまこにとっては禁断の「ヒトの愛」を知ってしまった
サンサカは 彼女を自由にするために人間達に立ち向かう…

◯出演

丸山正吾(サンミュージックプロダクション/Bobjacktheater/ドガドガプラス)
星璃(劇団Patch)
シトミ祐太朗

小玉百夏(ワオ・エージェンシー)
平山佳延

福地教光
高田淳(X-QUEST)
大野清志(X-QUEST)
CR岡本物語(空想嬉劇団イナヅマコネコ)
楠世蓮(ソニー・ミュージックアーティスツ)
那海(メタリンク)
長橋有沙
松木わかは
齋藤伸明(黒雪構想)
澤田圭佑(刀屋壱)
斎藤未来
松藤拓也
宮島沙絵(アイエス・フィールド)

梅田悠(サンミュージックプロダクション)
水野愛日(EARLY WING)

石部雄一(スピカエージェンシー)

▼スタッフ

作 宮城陽亮
演出 福地慎太郎
音楽 二木元太郎(fromnou)
舞台監督 吉田慎一
舞台美術 濱田真輝
音響 山下菜美子(mintAvenue inc.)
照明 申政悦(untitled light)
殺陣師 芹澤良
ダンス構成 福地慎太郎
ダンス振付 中野裕理(トキエンタテインメント)
衣装 前野里佳(藤衣裳)
衣装監修 加藤佑里恵(藤衣裳)
宣伝美術 tubest/立花さな
ヘアメイク MAMIKO/JURO
小道具 飯原優
武器製作 添田工房
写真撮影 渡辺慎一
グッズデザイン 立花さな
撮影 株式会社彩高堂
Web 4cats
演出助手 櫻井裕代
票券 島崎翼

プロデューサー 佐藤修幸(DMF/ENG)
企画製作 ENG
TOP ▲